うさとについて

うさとの服で使う布の素材はコットン、ヘンプ、シルク。
タイやラオスの農村で暮らす人たちが、自分たちの身の回りの植物で染色した糸を、手づくりの素朴な機織り機で織りあげます。



どんな色に染めて、どんな柄を織るか。
人気の色合いや、服のデザインや規格に合わせることよりも、織る人が織りたいものをつくることを大切にしたいと思っています。
美しい布は、その村のあるがままの自然、ずっと伝わってきた暮らしの知恵、そして作り手ひとりひとりの背景や創造力があってこそだと思うから。

その布を受け、デザイナーのさとううさぶろうは、布ひとつひとつの個性を生かしたデザインを生み出します。
縫製も流通もできるだけその流れを止めることなく、自然から受けたものを、たくさんの人の手が重なり、繋げ、誰かに着てもらう一枚の服になる。

「すべてはつながっている」
理屈や頭ではなく、身につけた時に「気持ちいい」という体感として感じていただけたら嬉しいです。
うさとホームページ



チェンマイ郊外にある、うさとの服の生産拠点「USAATO SIAM」(うさとサイアム)。デザイナーさとううさぶろうのアトリエもここにあります。

サイズについて

服のサイズは人間のサイズに合わせたものというより、どちらかというと服のデザインに合わせています。
たとえば160兪宛紊諒はどの服も4サイズが合うというわけではなく、その服ごとに、いちばん小さい2から、いちばん大きい8までの最大4種類のサイズで展開しています。またフリーサイズ(ワンサイズ)があります。
寸法をもとに、どのように纏いたいかをイメージしてサイズをお選びいただけたらと思います。

また、織物の生地はほとんど伸縮しませんので、ピッタリではなくゆとりがあるサイズをお選びいただくことをおすすめします。


採寸について


・採寸は平置きしてメジャーで計測しています。
・ウエスト(ゴム入り)は全く伸ばさずそのままの状態で採寸しています。
・ウエスト(ひも入り)は紐を縮めない状態で採寸しています。
・袖、裾などに、ひもが入っている場合は、ひもを縮めないで採寸しています。

品質について

うさとの服は天然素材を原料に、手作業でつくられています。
そのためひとつひとつに個体差があります。
わたしたちはそれを「風合い」「魅力」と思い販売しています。
下記に該当する状態を含む生地は商品として常態、良品であり、ご返品・交換とも受付対象外になります。

【1】生地について
・掲載写真と実際の商品の色味や質感が多少違って見えることがあります。
・生地に黒く硬い粒が付着していることがありますが、これは綿の種の殻です。
汚れではありません。



・ネップ(糸の節)や、織ムラがあります。



・柄合わせはしておりません。



・同じ品番の服であっても一枚一枚の服、またはパーツごとに多少の色の違いや、柄の出方が違う場合があります。




【2】縫製について
・縫製は一着をひとりで最初から最後まで縫い上げます。生地の裏側に縫製した方の名前が縫い付けてあるものがありますが剥がして着用してください。



・寸法は一枚ずつ多少の誤差があります。
・チャコペンの色が残っている場合がありますが、洗うと消えます。

お洗濯について

・やさしく手洗いするとより長く美しく保てます。
洗濯機で洗う際は、裏返して洗濯用ネットに入れてください。
洗い・すすぎ・脱水を短くすると布の傷みが和らぎます。
・合成洗剤は蛍光増白剤や漂白剤が含まれていることがあり
草木染めの自然な色合いが失われてしまいますので無添加のせっけん等をおすすめします。
・色の違うものや白いものと一緒に洗うと移染の可能性があります。
・長時間、強い日差しに当てると変色する場合がありますので、
洗濯後は風通しの良いところで、裏返しのまま日陰干しをおすすめします。